若手ビザ無しからのアメリカ就職へ!WORK USAの活用

WORK USAとは

workusa

WORK USAは、アメリカで働きたいという日本人とアメリカの企業とをつなぐ役割をしている人材紹介会社で、アメリカ国内の豊富な求人情報を提供しています。

この分野での経験を持つスタッフを抱えていて、単に求人を紹介するだけでなく、求職者がアメリカで快適に働けるように多方面におけるサポートを行っている会社です。

日本国内からのアメリカ就職(米企業、日系企業)を目指す方を支援しています。

 

WORK USAをおすすめする3つのポイント

アメリカ文化から教えてくれる

jpn2usa
WORK USAは、アメリカで働きたいと願う人が、求人情報を見つけるだけでなく、アメリカの商習慣を知り、より採用の可能性を高められるようなサポートを行っています。

それが一つ目のおすすめポイントで、具体的には就職説明会などのアメリカでの仕事の探し方を丁寧に教えています。

こうした説明会では、日本企業とアメリカ企業との違いや転職活動に必要なもの、レジュメの書き方など、総合的なイメージから細かな手続きの仕方まで教えてくれます。

特に、始めてアメリカでの仕事を探す方には役に立つ講習会で、求人情報の提供とともに、より良い仕事を探す助けとなります。

ビザ取得サポート

さらに、アメリカにおけるビザ取得のサポートをしてくれるのも、このWORK USAのおすすめポイントです。

求人を探して気に入った会社とコンタクトを取るのはさほど難しいことではありませんが、渡航前にビザを取るのは、細かな手続きや複雑な書類作成などがあって、結構苦労するものです。

手続きの煩雑さとともに、関連法律もガラガラと変わりやすいので、調べるのだけでも時間もそれなりにかかります。

上手にしないと無駄に時間だけが過ぎていくことになりかねません。

そのため、WORK USAでは、ビザサポートの豊富な実績を持つスタッフが、日本で用意すべき書類から具体的な手続き方法、ビザ取得後にすべきことまで丁寧に教えてくれます。

こうしたトータルサポートがあるのが、このWORK USAの特徴でありメリットでもあります。

希望に合った求人を見つけられる

3つ目のおすすめポイントとしては、WORK USAでは大きな企業から小さな企業まで、豊富な種類の求人を扱っていることです。

新たにアメリカ進出する企業などの求人もありますので、スタッフみんなで勉強をしながら新しいものに挑戦できるという楽しみを味わうことができます。

もちろん、長年アメリカで営業活動を行っている企業からの求人も多いので、安心感を抱きながら働ける職場を見つけるのにも不自由しません。

それぞれの希望に応じた職場環境を選択できるのがうれしいところです。

WORK USAでかかる料金のこと

申し込みで30000円と、採用決定時に180000円が必要となります。

この他、ビザスポンサーからの滞在許可証の取得のために申請費用US$4600~5000が必要になってきます。。

※最新情報は公式ページ参照のこと。

TOPへ戻る

このページの先頭へ