アメリカで金融業の求人、どんな職種で仕事に就けるか

アメリカの金融系求人の概要

newyorkkinyu

世界の中でも主要な金融市場があるのがアメリカですので、この分野での競争は激しいものがあります。

そのため、どの金融企業も優秀なスタッフを引き抜こうと必死になっています。

シビアな求人市場となっていますので、能力があれば活躍できるチャンスとなります。

やはり、金融業ではニューヨーク周辺での求人が多く、条件も良い傾向にあります。

ほとんどのケースで、年間もしくは短期での契約となっていて、業績次第ですぐに条件を変えられるというのが普通です。

やはり結果が重視されますので、今までにどの企業でどんな業績を残してきたかが、採用の際には大きく見られるでしょう。

必要な知識と専門スキルについて

アメリカでの金融の求人では、あまり特定のスキルや要件が設けられていないことがほとんどです。

その代わり、経験や今までの業績が重視されます。

そのため、採用の際に提出する書類では、どの企業に勤めていたかということをはっきりと明示する必要がありますし、面接の際にはいかに良い成績を残してきたかをアピールできるかが重要となります。

金融業でも、IT系の職種を希望しているのであれば、その面でのスキルを求められます。

効率的なプログラムを開発することは、金融会社にとってはとても重要ですので、レベルの高いIT系の大学を卒業していると有利になることもあります。

見込める給与は職種次第にて

それぞれの経験によって大きく給与や待遇は異なりますが、年収で1,000万円を軽く超えることも珍しくありません。

また、給与に加えて、職場での一部屋やデスクを与えられたり、住居手当、移動手段の支給などがあることもあります。

もちろん、休暇は希望すれば取ることができますが、大変忙しい業界ですので仕事に追われて休みをあまり取れないというのも現実となっています。

頑張って良い成績を上げれば、それだけ給与も待遇も上がりますので、能力が試される業界と言えます。

TOPへ戻る

このページの先頭へ