販売/サービス業、日本人顧客むけの商売で見つかる仕事とは

アメリカの販売、サービスの求人の概要

アメリカではありとあらゆる商品やサービスが開発され、販売されています。

そのため、販売業やサービス業の規模は大きく、正社員での登用なら能力次第で高収入、好待遇で働くことができます。

自動車関連の販売業も日本より規模が大きいので、至る所でディーラーの仕事があります。

販売成績をいかに上げられるかが見られますので、その成績によってだいぶ待遇が変わってくるでしょう。

家電製品や不動産の販売といった仕事も、都市部を中心に求人が多く見られます。

店舗での接客・販売といった形を採ることもあれば、顧客のところを巡回して営業を行うといったタイプのものもあります。

最近では日本食の店舗が人気の背景があり日本人採用も進んでいます。
ただ、正社員採用でのマネージャ職以外では、スタッフの仕事はアルバイト程度ですので、それでもよければという話になります。

販売/サービス業での人物面

販売やサービスの業界では、いかに顧客の心に入り込んで商品やサービスを提供できるかがカギですので、コミュニケーション能力がものを言います。

当然、そこまでのコミュニケーションを取るためには、高度な英語力が必要ですので、現地で長年暮らしているなどの実地での訓練が求められます。

また、明るく積極的に商品を勧める販売員が成功しやすいので、それぞれの人柄や資質も関係してくるでしょう。

決まった特定のスキルが求められるということはありませんので、面接の際の印象や自己PRの仕方によって大きく採用の可能性が変わってくると言えるでしょう。

今までに販売などの分野で業績を上げてきた過去があるのであれば、そのことを巧みにアピールしたいものです。

給与のこと

販売においては、いかに実績を上げられるかが給与や待遇を決めるものとなります。

そのため、基本給は低めに設定されていて、売り上げによってインセンティブが付いたり、職場での待遇がアップしたりするという契約が交わされることが少なくありません。

売り上げ実績によっては、かなりの収入を上げることができますので、やりがいを感じながら仕事ができます。

サービス業においても固定給は低めのことが多くなっています。

その分、顧客からのチップがありますので、サービスの仕方によってやはり高収入となることもあります。

TOPへ戻る

このページの先頭へ