アメリカで製造業、メーカーの求人で見つかる職種とは

アメリカの製造業・メーカーの求人の概要

製造業やメーカーからの求人を見てみると、まんべんなくいろいろな職種や業界が入り込んでいます。

中でも、自動車製造やIT、半導体関連の業界が伸びてきていることが分かります。

多くの工業製品は日本と同じように、中国などに工場を持ちそこで製造をしていますので、アメリカ国内での製造は少なくなりつつあります。

それでも、自動車関連の仕事は、技術系のものから生産管理といった職種まで、比較的多く人材が求められています。

また、カリフォルニアエリアを中心に、最先端技術を扱うメーカーからの求人もあり、生産ラインの構築などのスキルがある人が求められています。

技術者と管理者に求められるスキル

koujou

製造業で働く人材としては、技術者として製造に直接関わるスキルを持つ人と、生産ラインを管理するスキルを持つ人の両方が求められています。

多くのメーカーでは、ロボット導入によるライン生産がメインとなっていますので、特に高い製造技術を持たなくても仕事ができるようになっています。

それでも、ラインを動かす機器の保守や管理を行うために技術者が必要とされていて、この面でのスキルがあると大いに重宝されます。

また、効率よく工場を動かしていくための生産管理能力があり、実際にこの分野での経験があれば、大きなメーカーでも採用に積極的になるでしょう。

期待できる報酬のこと

製造業やメーカーにおける給与や待遇は、どんな職種に就くかということによってかなり異なります。

工場の生産ラインに入って仕事をするだけであれば、それほど高い収入は見込めないでしょう。

外国からの労働者も含めて、働き手が多くいるからです。

一方、特殊なスキルを持ち、工場機械のメンテナンスや保守を行う部門や、生産プロセスの管理や品質管理を行える人材であれば、それだけ好待遇になります。

住居があてがわれ、安定した生活を送れるように契約が結ばれることもありますので、自分のスキルに見合った契約を交わせるようにしましょう。

TOPへ戻る

このページの先頭へ