アメリカの日系企業採用者と駐在員の待遇、生活を比較

同じ日本の会社でありながら、現地採用と駐在員とでは様々な面で違いが出てきます。

給与などお金の面での違いが大きい

money

日系企業の現地採用スタッフは、そのスキルや経験などによって異なりますが技術屋や管理職であれば比較的高めの設定となっています。

例えば技術スタッフであれば、日本円にして600万円以上、管理職では1000万円を超える会社もあります。

日本食の職人など、アメリカでは少ない特殊な技術を持っているのであれば、800万円以上の給与が設定されていることも多くなっています。

駐在員では、日本での給与と大して変わりませんが、駐在の手当が付きますので、全体的にはさらに高くなる傾向があります。

現地採用と駐在員とではやはり駐在員の方が生活にゆとりが生じるでしょう。

ボーナス

現地採用スタッフのボーナスは、契約時に設けられた条件によってかなり異なりますので、契約内容をしっかりと確認しましょう

業績に応じて変動するタイプのものもあれば、年俸として組み込まれてボーナスが別には支給されないものもあります。

日系企業の駐在員であれば、日本での勤務とさほど変わらないボーナス体系となっています。

年に二回のボーナス支給があって、会社の業績などによって異なります。

アメリカ支社勤務という形になれば、アメリカタイプの個人業績に応じたものになることも多くなるでしょう。

各種手当、福利厚生

american06

日系企業駐在員は、駐在手当がしっかりと付きますし、住宅や自動車などの支給もしくは手当があります。

そのため、比較的安定した待遇で仕事を続けられるのがうれしいところです。

住む場所によっても異なりますが、大抵の場合アメリカで住む住居は日本のものと比べて大きくて設備も充実していることが多いので、快適な環境で住めます。

現地採用スタッフであれば、住宅手当や交通費に関する支給は給与に含まれるのが一般的です。出るかどうかを契約の際に確認すると良いでしょう。

アメリカでの暮らし方について

アメリカでの暮らしは、全体的に日本よりのんびりしていると言えます。

仕事をする時には集中して働きますが、休みとなると完全に休暇モードとなり、メリハリが効いた暮らしができます。

仲間とのつながりも強いので、休日など友人と出かけて遊ぶということも日常的に見られる光景です。

TOPへ戻る

このページの先頭へ