アメリカで働くため日本企業に就職したいときの募集要件

日本人ビジネスマンに求められる募集スキル等(日系企業現地採用と日系企業駐在員を比較)を記載していきます。

語学力

american01

日系企業での仕事とは言え、現地スタッフはアメリカ人が圧倒的に多いですし、仕事の種類によっては日本語をほぼ使う機会のないものもありますし、逆に仕事場でも日本語というところもあります。

やはりビジネス英語を問題なく使えるレベルの語学力が求められることも多いでしょう。

やはり、対人関係がとても重要ですので、単なる仕事上の会話だけでなく、一対一でのコミュニケーション能力があることが重要になってきます。

それぞれの地域によって表現の仕方や語彙が異なりますので、地域によって違う英語に合わせられる順応力があるとスムーズに仕事を行っていけます。

実務スキル

現地採用スタッフや駐在員であれば、やはり技術的なスキルを持っていることが重要になります。

一般的な事務スキルを持つ人は現地から雇うことができますので、電機関連や自動車関連、IT関連の技術スキルを活かして、開発や製造管理などができると採用の可能性が高まります。

また、アメリカと日本両方の法務や会計に通じているのであれば、かなり有利なスキルとなります。

それぞれの国で異なる会計基準や法令が施行されていますので、専門的な知識をどちらの国でも活かせるような実務スキルがあるととても強いでしょう。

人間性や体力面について

アメリカは人種のるつぼと言われるように、国籍や文化、言語などに大きな多様性が見られます。

そのため、仕事をしていく上で高いコミュニケーション能力を持ち、周りと上手にやっていける人がビジネスでも成功します。

快活に仕事も周りとのコミュニケーションを取れるというのはとても大事です。

また、日本とは仕事のやり方やビジネス習慣が異なりますし、仕事への見方そのものも異なります。

そのため、臨機応変に状況に合わせて仕事のスタイルや業務の進め方を変えられる順応力も求められるでしょう。日系企業でもアメリカ流の習慣に適応出来たほうが好ましいです。

あまり細かな点にばかり目を留めて仕事をしていると、周りから受け入れられないこともありますので、柔軟に対応できる人物であることは大事です。

どのようなポジションでの求人が見られるか

現地採用スタッフであれば、いきなり高いポジションに就くことはあまりありませんが、今までに業績を積み重ねてきたり、高い技術スキルがあったりすればマネージャーなどの管理を行う役職に就く可能性もあります。

アメリカでは、高いポジションに就くほど就労時間も増えますし、負う責任も格段に大きくなります。

契約条件をしっかりと見て、大きな負担にならないかどうかを確認するようにしましょう。

日系企業駐在員であれば、管理職のポジションでアメリカ勤務することも多くなっています。

技術系でも、製造管理などのポジションが多いので、多くのスタッフをまとめるスキルが求められるようになってきます。

TOPへ戻る

このページの先頭へ