在日アメリカ企業に日本で就職したい場合気をつけたいコト

在日本のアメリカ系外資系企業の求人の概要

日本に支社や営業所を持つアメリカ系の外資企業は、東京や大阪、名古屋など大都市に集中する傾向があります。

いろいろな業界の外資系会社がありますが、やはり金融や保険系の企業が多く見られます。

こうした企業では、日系企業とは社内の雰囲気がかなり異なり、自由でオープンな雰囲気が漂っています。

仕事ができれば、個人の活動は自由という考え方が強いので、若者を中心に人気があります。

american01

また、能力、実績重視の企業がほとんどですので、自分の能力を試してみたいという人にも向いています。

給与は年俸制になっていることも多く、実績を残すことができれば、次の年にはさらに良い条件で契約更新することができます。

逆に、会社が望む成績を上げられないと、そこで契約が切られてしまうこともありますので、モチベーションを高く保って仕事をしていく必要があります。

職種としては、比較的大きな企業が多いので、ブローカーなどの専門的な仕事から、会計や一般事務などの特に目立ったスキルを必要としない職種まで様々あります。

必要スキルや要件

アメリカ系の外資企業では、長く日本で活動を行ってきたところが多いので、特に英語を話せなくても問題ないというケースが多くなっています。

しかし、海外営業や法務関連の部門などでは、海外とのやり取りが多くなることもあって、高い英語力が必須となっている求人もあります。

american05

職種によって必要となるスキルが異なりますので、求人情報を確認して、自分の持っているスキルに対応するかどうかを確認しなくてはなりません。

保険系の仕事では、保険プログラムを組める人材であることとして、実務経験があることや、特定の専門教育を受けた人などが求められることもあります。

全体的に、即戦力となる人材が求められていて、中途採用であっても実務経験と実績があれば歓迎される傾向にあるでしょう。

給与や待遇面

外資企業では、給与や待遇はかなり能力主義が採られています。

特に金融関連ではその傾向が強く、一定以上の実績を上げればかなりの高収入を期待することができます。

また、勤務時間の融通を始め、デスクや部屋の割当など職場環境の良し悪しも成績によって決まることが多いので、いかに能力を発揮できるかがカギとなります。

細かな福利厚生が整えられていなくても、その分給与が高くなっているというところもあります。

人気の外資系企業

日本にある人気のアメリカの外資系企業は、やはり金融系の企業がメインでしょう。

株式や為替などの投資を行う企業や、保険関連の企業は待遇も良いですし、自由な社風があるなど、働きやすい環境となっているのがその理由として挙げられます。

コンサルやIT関連の企業も高収入が狙えるなど待遇面で良く、若者を中心に人気がありますが、採用の枠がそれほど多くないので、競争が激しくなりがちなのがネックです。

高いスキルを持っているのであれば、IT系の外資企業も狙い目と言えるでしょう。

TOPへ戻る

このページの先頭へ