営業マン、企画提案、マーケティング、どの業界が狙い目?

アメリカの海外営業、マーケティングの求人の概要

earth

アメリカにおける海外営業のニーズは高く、担当する範囲も世界に及びます。

従来通り商社、貿易、自動車、工業系、食品、小売業界が多いですが、最近ではIT系の営業も多くなっています。

ヨーロッパを中心としながら、中南米などにも力を入れている企業が多いので、グローバルな視野を持って働ける人材が求められています。

アメリカ企業の対日本営業では日本人の人材を必要とする会社も多いですし、
また逆に日系企業でも日本人を採用したいと思うので、この分野で求人を探すのが良いでしょう。

英語だけで営業を行えることもありますが、全体的に複数の言語を話せると仕事の幅が広がるでしょう。

海外営業の求人は、やはり経済活動が活発なニューヨーク周辺やロサンゼルス、外国とのパイプが強いマイアミ周辺で多い傾向があります。

この仕事は営業成績がすべてという見方が強いので、雇用条件は細かく契約で定められ、業績次第で契約更新があったり、成績が振るわなければ契約途中であっても切られてしまったりということが頻繁に起こります。

どのような人物が必要とされるか

海外営業を行うに当たっては、特に必要な資格や免許などはありません。

しかし、当然のことながらネイティブレベルの英語力が求められます。

また、いろいろな国の担当者と折衝しなくてはなりませんので、英語以外にもスペイン語やフランス語を始めとする外国語を複数操れるのであれば、大きな武器となるでしょう。

さらに、出張が多く移動を重ねる仕事となりますので、体力的にも精神的にもタフであることが、仕事を続けていくためには必要となります。

スタッフまた取引先の人とのコミュニケーションが重要ですので、快活で積極的に仕事を進められる人柄であることも重視されることでしょう。

必ず条件を確認すること!

海外営業の待遇については、まずは求人情報を確認し、採用の際の書類を確認します。

今まで様々なところで業績を残してきているのであれば、高収入で設定されるかもしれませんが、大抵の場合は、業績に応じた年俸が設定されています。

一定以上の業績を上げると、ボーナスの形で給与が上乗せされることもあります。

出張が多いので、移動や休暇に関する待遇がしっかりとしていて、働きやすい環境が整っていると言えるでしょう。

TOPへ戻る

このページの先頭へ