何もかも未経験のアメリカで就職することは可能でしょうか?

未経験でアメリカ就職?? 何のために??

無目的ではないのでしょうけど知識もプランも無いのではいけません。ここでは未経験でのアメリカ就職を探っていきたいと思います。

未経験OKの求人の有無

mikeiken

いろいろなメリットを考えて、アメリカでの求人を探してみたいという人は多くいます。

今までアメリカに住んだことがあるという人もいれば、まったく外国での滞在経験がないという人もいます。

アメリカ駐在員として働けると、特殊なスキルや豊富な経験があるのであれば、外国勤務がなくても大丈夫ですが、未経験の職種、もしくは業界であればほぼ求人を見つけるのは難しいでしょう。

観光業などは、現地に住んでいて土地勘があり、ある程度の観光知識があれば大丈夫ですが、他の業界ではなかなか良い求人を探すことは困難です。

就労経験が無い人は日本での就職が優先

もし希望する業界や職種の経験がないのであれば、日本で求人を探して、その分野での経験を積みスキルを高めることが優先です。

アメリカでの仕事には、日本とは異なる商習慣がありますし、文化や言葉の壁があります。

そのため、日本でビジネスの基本を身につけたり、希望する業界の基本を知って即戦力となる人材になることが重要です。

特にアメリカでは、能力重視、実績主義が採られていますので、もし一定以上の実績を挙げられないと、契約を解除されてしまうこともありますので、スキルを身につけることは大事です。

しっかりとした能力と経験を積むことで、アメリカでも良い成績を残すことができて、良い条件で働くことができるようになります。

競争が激しい業界もありますので、未経験のまま仕事に就くと厳しい競争に巻き込まれてしまう可能性もあるのです。

あとは留学して専門の学課を収める方法もあります。留学すると一定期間の就労の権利とビザを得る事もできるからです。

時間と熱意がある20代前半の若手ならこれからの時間を大切に使ってアメリカ就職を目指すコトも不可能ではありません。

まずは観光で一度アメリカを訪れよう

全くアメリカに行ったことすら無いという人でも、なぜかアメリカ就職を希望する人が居るのには驚きです。

そのような方はまずは観光でアメリカの文化や習慣、仕事のスタイルなどを知るようにすると良いでしょう。

様々な国籍や文化の人々が働いていますので、日本とはかなり異なる雰囲気がそれぞれの企業にあります。

また、地域によってもメインとなる産業が異なりますし、商習慣が異なることもあります。

同じ業界で同じ職種であっても、働く地域によって待遇が異なることも多いので、下調べをしてより良いところを探すようにしましょう。

まずは、観光でアメリカを訪れて、こうした雰囲気を知るのは肝心なことです。

経済活動が大きいニューヨークとカリフォルニアエリアなら、たいがいの業種を見ることができます。

また、成功しているビジネスマンを見ることもできますので、どんな人材がアメリカで求められているかを知る機会にもなることでしょう。

自分の見方を広げるチャンスでもありますので、時間を取っていろいろなところを訪れてみると将来役に立ちます。

TOPへ戻る

このページの先頭へ