日本人向けロサンゼルス求人の概要と応募先

ロサンゼルス求人の概要

lascene

ロサンゼルスは、アメリカの中でも日本人が一番多く居住しているエリアです。

そのため、日本人向けのサービスも多く、日本人を対象とした求人が見つけやすいという特徴を持っています。

その中には、保育士や日本食材などを扱う店舗の販売などもあり、いろいろな業種でニーズがあります。

また、西海岸の主要都市として貿易業などが盛んだということもあって、日本企業の支社も多く存在します。

こうした日系企業の支社からの現地採用スタッフの募集が出たり、現地で日本人が設立した法人に就職するケースも多いです。

他の都市に比べると格段に多いので、求人を比較的見つけやすいでしょう。

さらに、アパレル業や小売業などのアメリカ進出の足がかりとしてこのエリアが選ばれることも多いので、いろいろなメーカーの求人もあり、選択肢が多くなっています。

よくある業界、職種

ロサンゼルスの求人情報を見ると、全体的に貿易・物流関連の仕事が多くあることが分かります。

この業界では、雑貨やパーツの買い付けを行って、日本や欧米に輸出するなど、幅広い業務が行われていますので、リサーチの仕事から貿易業務まで広い範囲を扱うことになります。

また、自動車関連の仕事も多く、販売業務や貿易に携わる職種もあります。

さらに、日本人観光客が多いということもあって、観光業からの求人も目に付きます。

旅行代理店で総合案内をしたり、現地係員としてガイドや観光客への細かな対応に応じたりするといった仕事もあります。

日本人がメインのものから、世界中の顧客を相手にしたものもありますので、それぞれの好みに応じて選ぶことができるでしょう。

必要スキルや要件

ロサンゼルスでは、様々な仕事を見つけることができますので、それぞれの求人情報を細かく見て、どんな条件で募集されているかを確認する必要があります。

日本人向けのサービスを提供しているところも多いので、その場合は、日本で求められるような資格や振る舞いが基準となっていることもあります。

たとえば、日本人をメインにした保育や教育の募集では、保育士の資格があることや、教員免許を持っていることなどが条件となっているケースもあります。

貿易関連では、通関士の資格など関税や貿易業務に関するスキルがあると優遇されやすいでしょう。

また、実務経験が重要視されますので、この分野での勤務経験があるのであれば、積極的に募集に応じることができます。

アメリカ国内だけでなく、ヨーロッパや中南米との取引も多くなりますので、複数の言語を操れるとよりアピールポイントが多くなりますね。

 

TOPへ戻る

このページの先頭へ