アメリカ進出の仕事なら、リクルートをおすすめする理由

日本人がアメリカで勤務する1つの方法として、日本企業のアメリカ駐在という仕事があります。

アメリカ進出のお手伝いをする仕事であるとか、現地法人の立上げなど興味深い仕事が多いです。

そんなアメリカ進出の仕事に就くために使える人材紹介サービス、それが「リクルートエージェント」と言えます。

リクルートエージェントとは

jinzaiservice2

リクルートエージェントは、日本国内において最大級の求人情報を抱えているサービスです。

多くの求人があれば多くの求職者が集まりますので、その規模はどんどん大きくなっています。

また、サービスの改善もめざましく、より検索しやすく見やすいサイトを作ったり、転職する際の支援サービスを行ったりしています。

その活動範囲は日本だけに留まらず、アジア各国やアメリカにも及んでいます。

豊富な企業紹介の経験とノウハウがありますので、求職者が何を求めているかを良く知っていて、魅力的な求人情報を掲載しています。

リクルートエージェント支援登録はこちら

 

リクルートエージェントをおすすめする3つのポイント

求人数が多い

リクルートエージェントのおすすめポイントの1つは、なんといってもその豊富な求人数でしょう。

高い実績を持つ就職、転職エージェントですので、それだけ信頼が厚く、多くの企業が求人を寄せてきます。

そのため、選択肢が多く、それぞれの条件に適った仕事場を探しやすいのがメリットです。

アメリカでの求人を紹介する場合には、地域による差が大きいため、都市ごとに求人情報をまとめるのが普通です。

他の転職エージェントと比べても、リクルートエージェントはどの都市の求人も抱えていますので、最初にチェックすべきサイトと言えるでしょう。

プロのコンサルタントの存在

専門コンサルタントの対応も、リクルートエージェントをおすすめするポイントの1つです。

たくさんの企業紹介実績を持つプロが集まっていますので、それぞれの条件や希望をマッチさせた企業をすぐに見つけてくれますし、求人情報の概要を見るだけでは分からないような情報も細かく知らせてくれます。

個々の必要に合わせてアドバイスしてくれますので、より採用に近づくことができます。こうしたトータルサポートの質の高さがリクルートエージェントの売りです。

分かりやすい求人検索

woman-siji

そして、求人情報自体の見やすさ、検索のしやすさもおすすめポイントです。

細かな条件ごとにふるい分けすることができますし、大まかな希望から最適な求人をピックアップすることもできます。

また、自分の希望や条件を登録しておくと、自動的にぴったりの企業を探して、メールなどで送信して教えてくれます。

忙しく働いていて、わざわざサイトで情報をチェックするのが難しいとしても、この機能なら簡単により良い求人を見つけることができますので、上手に活用したいところです。

※ただし
サイト内で検索できる求人数には限りがあります

アメリカ進出の求人などは企業側からすると公開できない社内情報であり、一般に求人を公開して人材を募集していない事があります。

このような求人は検索できないため、キャリアコンサルタントから直接紹介してもらう事が必要となってきます。

サイト内で検索できれば簡単でいいのに・・といったデメリットはありますが、一手間かけて登録することでコンサルタントを活用でき、企業を紹介してもらう事ができるようになるので、積極的に活用していきましょう。

リクルートエージェント支援登録はこちら

 

TOPへ戻る

このページの先頭へ