ハワイで働くことは可能?時勢によって求人が難しい年も

ハワイ求人の概要

hawaii_scene

日本にとってハワイは、アメリカ観光の中心地となっています。

毎年かなりの数の日本人観光客が押し寄せますので、ホテル業や旅行業を始めとする観光業界からの求人が圧倒的に多く見られます。

また、それに伴って、日本人に関連する様々なサービスが存在しています。

アパレルはもちろん、飲食店や日本食材店、ウェディングサービス、空港関連の仕事、写真撮影サービスなど、多種多様な仕事があります。

さらに、太平洋の中心にあるという地理的環境から、貿易関連の仕事が多いというのも、ビジネスの観点からは注目すべきポイントとなっています。

アメリカ本土からはもちろんのこと、中南米やヨーロッパなどの国とアジアをつなぐ中継地点として、さかんに物が行き来しています。

通関業務や物流サービスの求人も、観光業に次いで多くなっていますので、この分野で仕事を探してみるのも手でしょう。

日本人に仕事はあるか?よくある業界、職種

ハワイでは圧倒的に、観光業とそれに関連する仕事にまつわる求人が多くなっています。

ホテル業や飲食店、旅行代理店などがたくさんありますので、サービス業の仕事がメインとなります。

また、マリンスポーツが盛んですので、ダイビングやサーフィンのインストラクターや、関連機器の販売などの仕事も見つけられるでしょう。

アメリカの中でも日本食レストランの数が多いところですので、調理師として働きたいという人にももってこいですし、アルバイト感覚でウエイターなどの仕事をしてみるのも良いでしょう。

日本人がメインというお店が多いので、英語力があまり高くなくても働きやすいところなのも魅力の1つです。

ただ、現地人でも日本語を話せる人も多く、あえて日本人を採用したいという会社を見つけるのは難しいのが現状です。

必要スキルや要件

hawaii_scene2

観光業で働きたいのであれば、ツアーコンダクターなどの資格を持っていると便利でしょう。

また、ホテルでの仕事を探しているのであれば、ホテルの予約システムのオペレーションを行えるスキルがあると、即戦力と見なされて採用にも有利に働きます。

ハワイでのウエディングは安定した人気を保っていますので、求人も多くあり、ウエディングプランナーとしてのスキルがあると、働きやすいでしょう。

また、フォトグラファーなども常時ニーズがあります。

貿易関連の仕事を探す場合には、通関士などの貿易業務に関する資格を持っておくと採用を有利にすることができます。

こうした職種では、高い英語力が求められることもありますので、言語スキルを磨いておくことも重要です。

日本企業よりも現地の企業からの募集が多いので、就労ビザを持っていて現地に住んでいることを条件にするケースが殆どです。

TOPへ戻る

このページの先頭へ