アメリカ転勤ありの日本の会社とはどんな会社?

アメリカへの転勤がある求人の概要

アメリカへの転勤がある日本企業は、探してみるとたくさんあって、いろいろな業界に及んでいます。

製造業関連では、電機関連や自動車関連が多く、アメリカに支社や工場を持っている企業が多いので、アメリカで働けるチャンスが高くなります。

他の業界でもアメリカに支社を持つ企業はたくさんありますが、やはりこの電機関連と自動車関連が特に多いと言えるでしょう。

jpn2usa

職種別に見てみると、海外営業の分野が転勤の可能性が高くなります。

現地でのリサーチを含めて、多様な仕事がありますので、マルチな能力を持っている人材が優遇されるでしょう。

また、製造業では工場の生産管理の分野で、アメリカ転勤の可能性が高くなります。

日本での工場勤務の経験を活かして、同じ質や効率性を保ちながら工場生産ができるように、アメリカでもそのスキルを用いることができます。

必要スキルや要件

どの業界、職種で働くかによって求められるスキルは異なりますが、やはり基本的に言語力があることが必要となってきます。

現地スタッフとの打ち合わせや顧客への対応などは、すべて通訳なしで行うことが基本となりますので、ビジネス英語ができることが重要です。

また、日本での仕事の進め方とアメリカでの仕事の仕方は、いろいろな面で異なるものですので、柔軟に対応できる順応力が必要となります。

従業員の仕事に対する見方自体が異なるということを感じることも出てくるので、上手にバランスを取りながら仕事場で仲間とやっていくかも大事なところです。

給与や待遇面

jpperson01

日本企業に勤務してアメリカに勤務するとなると、基本的には日本での給料体系が適用されることが多いでしょう。

ただ、会社によっていわゆる駐在手当が出たり、住居の支給や家族手当などが多めに出ることがありますので、全体的に見ると高収入となることが多くなります。

また、日本に休暇で帰る際などには、別途手当が出ることも多いので、働きやすい制度を適用できるでしょう。

TOPへ戻る

このページの先頭へ