アメリカ企業に採用された場合の給与や待遇について

給与

アメリカでの現地採用にはいろいろな種類があり、職種や働く地域によって待遇は大きく異なります。

ニューヨークなどの都会に行けばいくほど給与が高くなりますので、高収入を望むのであれば、都市部での採用を目指すといいでしょう。

総じて言えることは、日本に比べると給与水準が高く、技能職であればなおさらその傾向は強くなります。

IT関連の技能職であれば、600万円から800万円の給与が出ることも多いので、安定した収入を得ることができます。

ボーナス

現地採用スタッフのボーナスは、契約条件によって大きく変わります。

アメリカでは、採用の際に給与が年俸制になっていることも多く、給与と別にボーナスがあるというシステムを持っていない企業も多くあります。

そのため、契約をしっかりとチェックすることが重要です。

通常の給与の他に、一定以上の業績を上げた場合にはボーナスが付く、会社全体の株価が一定以上になった場合、全てのスタッフにボーナスが付く、といった特殊な条件が付されていることもあります。

日本のように、ボーナスが出るのかどうか分からないというものではなく、契約にしっかりと組み込まれていることが多いのです。

各種手当、福利厚生

アメリカでは、日本のように各種手当てが細かく付くというよりも、契約によって定められた条件をクリアすることで給与にプラスされるというものが多い傾向にあります。

営業系のものであれば、契約を取った件数が一定以上になればその分給与に上乗せされるといったものです。

福利厚生の面では、休暇をしっかりと取れることや、家族の必要で急に休暇が必要な時に休みが取りやすいといったメリットがあります。

暮らしぶり

日本と比べて物価が全体的に高い傾向にありますが、とても住みやすく快適な暮らしができるでしょう。

インフラもたいていの場所できちんと整備されていますし、公共サービスも充実しています。

住むエリアによって住宅レベルや治安の度合いが異なりますので、事前に調べてから家を決めることが大事です。

TOPへ戻る

このページの先頭へ