アメリカ企業が日本人を採用したいとおもうとき

ここではどんな日本人を採用したいと思うか、条件などを記載してゆきます。

語学力

american04

アメリカの企業に入って働く場合、やはり英語力はネイティブクラスのレベル、少なくてもビジネス会話が問題なく話せるレベルに達していることが条件となります。

役職や仕事内容にもよりますが、ちょっとした表現や言葉の違いで誤解が生じて、大きなミスを生み出すことにもなりかねませんので、読み書き会話それぞれの分野で間違いが生じないようでなければなりません。

また、アメリカでは仲間や友人との付き合いが日本よりフランクですので、良い関係を培えるようにコミュニケーション能力を持っていることも、仕事を円滑に進めるためには重要です。

アメリカの企業では、中南米やヨーロッパとの取引を持つ企業も多いので、英語以外にも複数の言語を話せると有利に働きます。アジアや日本と取引を持つ企業ですと「日本語」が話せる日本人に注目がいきます。

実務スキル

実務に関するスキルは、日本から渡航して働きに行く以上、専門性の高いレベルのものが求められるでしょう。

いろいろなことに通じている必要はなく、1つの分野でもしっかりと経験を積んで、他の人を指導したり管理できたりするようなスキルを持っていることが重要です。

例えば、製造業の仕事では、品質管理や製造工程管理をすることが多いので、この分野でのしっかりとしたスキルを持っていると有利、といった具合です。

どのような人物像が求められるか

アメリカ企業の雰囲気は日本のものとはだいぶ異なります。

実力主義が徹底されているものの、仲間同士の関係はとてもフランクです。

そのため、より深い人間関係を持つ傾向がありますので、親切を示し快活に過ごす人物が評価されます。

また、アメリカと日本では、細かな点に至るまで考え方や、仕事の仕方、仕事そのものに対する見方などが異なります。

自分の今まで見てきた世界に固執せず、柔軟に周りに合わせられる性格を持っていることは重要です。

そして、アメリカの習慣や文化に合わせつつも、自分のカラーをしっかりと出し、自己を主張するという姿勢も大事です。

自分の意見を持っていない人は、あまり評価や尊敬を受けることがないからです。言うべき事、考えていることははっきりと主張するのが大事なのです。

どんな役職での募集があるか

概してスキルや経験を持った日本人ビジネスマンが活躍していることが多いため、ある程度のポジションで働くケースが多くなっています。

特に、製造業などでは、豊富な経験を持って生産管理などを行っている日本人がいますので、そうした管理を行う役職(つまりマネージャ)で働くのが多く見られます。

しかし、基本的には実力重視ですので、周りとの競争によってポジションは変動します。

TOPへ戻る

このページの先頭へ